※ 当ブログで使用しているゲーム画像の著作権は各ゲームメーカーに帰属します。

ゲームDEアミーゴ♪

マイペースでゲームを遊ぶ人のブログ(゜∀゜)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ PROFILE
profilephoto
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ XI-Prof
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
<< バンナムオンライン(゜д゜) | main | バトオペMYペイント【連邦編】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク @-:-:-:pookmark
2012年のゲームを振り返って
 今年はどんなゲームソフトを買ったっけな(´_ゝ`)


そういえば今年、X箱360様がお亡くなりになった(;´д⊂)

なので、今年はPS3がメインだった気がする。


とりあえず、面白かった順に並べていこう♪




風の旅ビト(PS3)
  個人的評価:20点


海外のゲーム開発会社 thatgamecompany が世に生み出した傑作 Flowery の続編的な作品。

Floweryも「シンプルな操作性とゲーム性」、そして「芸術的な音と映像美」の光る傑作でした。

それらに加えて風の旅ビトでは「壮大なストーリーと世界観」「圧倒的なファンタジー性」、


そして「実はオンラインゲームという意外性


そう、プレイしているとほかのプレイヤーがヒョッコリ現れるのです。
ネットゲーだと思わなかったので、最初は「え???」って感じになりましたw

しかしこのゲーム、文字チャットもなければボイスチャットもできない。

相手プレイヤーの名前や国籍すらわからない。




さらにいうと

一緒に冒険してもいいし、しなくてもいい



ボタンを押すとマイキャラが不思議な言語?でしゃべるので
なんとなく会話して意思の疎通をしている気分になれます


進み方がわからなくて右往左往している人の近くで謎の言語で励ましたりw

自分の解けなかったギミックを他のプレイヤーがどんどん解いて先に進めてしまったり(゜д゜)



一緒に序盤からエンディングまで進めると開放される実績なんてものもあったりw



ちなみに、クリアするとすれ違ったり一緒に冒険したプレイヤーの名前がでます。

あるプレイヤーと一緒にエンディングまで進めたら、英語で


「実績が100%になったよ、一緒に冒険してくれてありがとう」


って感じのメールが来たときの、ほっこり感すごかった(*´Д`*)



2012年で一番面白いゲームといわれる評価は伊達ではないです。


「知的なゲームを遊びたい人」
「戦うゲームに飽きた人」
「普段ゲームを遊ばない人」

こんな人たちにお薦め。

ボリューム自体はそれほどではないですが、ダウンロード専用で値段も安いし、
何度でも遊べるポテンシャルを秘めているので値段分の満足感は得られると思う。

なによりこのゲームを未体験っていうのはスゴクもったいない事だよ(;´Д`)






Civilization V  Gods & Kings (PC)
  個人評価:100点


シヴィライゼーション5の最新版。実はシリーズ初体験。

フレにバトオペをやらせるためにPS3本体を買わせたかわりに
買え買えと薦められたので、Stermでダウンロード購入しましたw


大戦略とシムアースを混ぜたようなゲームですね。
ちまちまプレイが好きな人にはスルメのようなゲーム(*´Д`*)じゅるり

実際にどんなゲームなのかは、
非常にわかりやすくて面白い動画があるのでそちらでご確認ください(´_ゝ`)

【やる夫】シリーズ未経験者にもおすすめ「Civilization5」プレイ講座第1回


全部で26回あるので、観るだけでもアニメ2クール分のボリュームがありますがネw







ゴーストリコン フューチャーソルジャー(PS3)
 個人評価:90点


自分の洋ゲーデビューのきっかけになった作品。

後述のマックスアナーキーアレな出来だった為、
何か面白いゲームはないかとゲーム屋さんで物色中にパッケージを見て即買い

近未来の米国の特殊部隊「Ghost」となって任務をこなしていくゲーム。

FPSはあまり好きじゃないのですが、このゲームはTPSなので日本人にもプレイしやすいかな。
メタルギアシリーズが好きな人なら楽しめると思う。

最初はなにもできずにアタフタしてばかりでした。

しかし、このゲームの主人公は「プレイヤー」ではなく「プレイヤーの所属する特殊部隊」

NPCの操作する凄腕の仲間たちが敵をガンガン倒してくれるので、
序盤は適当についていくだけでもクリアできる(´_ゝ`)

序盤はチュートリアル気味にゲームが進んでいくので、
マニュアル読まなくてもすんなり操作を覚えられました。

最終的には最高難易度エリートで全ステージスコア満点を出せるまで上達して大満足♪


日本の有名声優さんが吹き替えしてくれているのも好印象。
敵も味方も日本語で喋ってくれるとゲームの臨場感が段違いですよネ♪

TPSの初心者や、はじめてプレイする洋ゲーにオススメ。

PS3やX箱からパソコンへ逆移植というのも珍しい名作です(*´Д`*)






スナイパーエリートV2(PS3)
 個人評価:80点


「狙撃」を追及したスナイピング特化型シューター ※公式サイトの売り文句より


ドイツのV2ロケット計画を阻止する為、凄腕のスナイパーになって敵を狙い撃つゲーム。


風向き、射撃角度、重力と距離による弾道の変化を計算して敵を撃つ!
急所にヒットすれば特殊演出で気分最高(*´Д`*)ムホムホ


・・・のハズが、なんとこのゲーム、狙撃銃にサイレンサーが付いていない!


ヘタに撃とうものなら銃声で敵に存在がバレて、エスパーのような敵兵にボコられる。


なので、実際のところはドイツとソ連がドンパチやってる中を
こそこそとスニーキングするというメタルギアなゲームという罠(゜д゜)


爆撃機の落とした爆弾の爆発音にまぎれて狙撃すればバレなくもないのですが、
死体がみつかると結局敵にボコられるので、
敵を倒す順番やタイミングも計算しつつ、風向きやら距離やら弾道計算して・・・

とまぁ、ものすごく頭をつかうパズル的なシューターかもしれない。


地雷や爆弾といったトラップ系のアイテムが豊富なので、
あらかじめアチコチに地雷や爆弾をセットしておいて、
ワザと見つかってからトラップで爆殺できるのは気持ちいい(*´Д`*)

実際、戦争物の小説でもクレイモア地雷を使ったトラップは定番ですからネ♪


それらに加え、

・敵兵士が腰にブラさげているタマ(手榴弾)を撃ち抜いて爆殺

・トラックや戦車の燃料タンクのフタを狙撃して爆破


という一風かわった戦い方ができるのも面白いですw



いちおう、要所要所で高台の上から敵を狙撃しまくる場面があるので
気持ちよくスナイピングできないわけでもない。


ところが、敵のスナイパーがまじで変態的な命中率で狙撃してくるので、
敵のスナイパーに何度もムッコロされながらエラー&リトライでクリアするゲームでした。

そう、このゲームのタイトル「スナイパーエリート」とは敵兵の事でしたー ヽ(;´Д`)ノ


難易度ハードでプレイすると、マジでそのキレイな顔をフッ飛ばされるおwww


それでも80点をつけたのは、スナイパー小説とかが好きだから(*´Д`*)なんだよね

スナイパーに思い入れのない人だと60点くらいの評価かなぁ(´_ゝ`)
あと音声が日本語じゃないのも残念。(※メニューや字幕は日本語)

細かく難易度を設定できるので、クリアできない人は難易度を下げまくるんだw
ちなみに自分は難易度ハードでキッチりクリアしといたぜ( ̄ー ̄)フッ






機動戦士ガンダムバトルオペレーション(PS3)
 個人評価:70点


ようやく国産ゲームのお出ましです(´_ゝ`)といってもガンダムですがw

基本無料といいつつ、実質1日3回しかプレイできない奇妙なゲーム。
でも1戦が長い&対戦相手が集まるまでが長いので、その3回で1時間くらいは遊べますね。

ってか、細かい紹介はいらないよネw
PS3を持っているのなら、無料だしとりあえずDLして遊んでみれば良いと思う。


あ、ラグが凄いので有線LANで光回線の人のみお願いしますね。
有線ならADSLでもまぁいいか。

無線LANの人はネットゲーやらんでくれマジで(゜д゜)っていう気持ちになれるゲーム。


バージョンアップで追加されるMSがシルエット違いばかりなのはなんとかして欲しい。

カラーリングまで自由に変更できるから、何と戦ってるかわからねーよ連邦さんよォー(゜д゜)


PCのガンダムオンラインがunkすぎて相対的に評価が上がったというか、
課金の金額設定ってこのくらいが丁度良いと思うよねぇ(´・ω・`)

ラグがなければ80点〜100点になれるポテンシャルを秘めたゲームだと思いますた。







スナイパー ゴーストウォリアー 個人評価:5


狙撃に特化したスナイピングFPSがついに日本上陸! ※公式サイトの売り文句より


あれ? さっき似たような文章を書いたよーな・・・(⊃д⊂)ゴシゴシ

今年発売されたゲームではないんですけどネ。


ゴーストリコンをクリアした後、「うはwww洋ゲーっておもしろwwwうひひwww
というキモいテンションで再びゲーム屋でパッケ買いしてきた。

Best版だったのでリーズナブルな価格も魅力。


ところが、TPSじゃなくてFPSだったんですよねー(´・ω・`)
FPSって足元がみえにくいので地形に引っかかりまくりで慣れるまで苦労しました。


スナイパーエリートV2と同様に敵がエスパーなので、敵に存在がバレると大変www

でも、こっちはサイレンサー付きなので、基本的に射撃ではバレません。


倒した敵兵の死体が見つかっても警戒モードに変わるだけで、自分の居場所はバレない。


・敵に目視される
・警戒中に敵から見える位置で射撃する
・ストーリー上で強制的に見つかる


この3点以外ではバレないので、草むらに潜んで敵を撃つ!というゲームスタイル

つまり、狙撃特化ゲームとしてはスナイパーエリートV2より面白い



さらに、一部のミッションではスポッター(観測手)としてプレイできる点が珍しい。
※スポッターってのは、「あそこにいる敵を撃て」とスナイパーに指示する人の事。


それでも評価が微妙なのは、ボリュームが少なめって事と
一部のやりこみ要素がゲームのテンポを奪っているというか・・・
ものっそいストレスになっているんですよね。

それに、実はゴーストリコンのほうがスポッターらしいプレイができるんですw

Best版なら値段分は楽しめると思います。

あ、ちなみにコレも音声の翻訳はありません、日本語字幕です。

なんだかんだで難易度ノーマル、ハードと2周遊べたし、
やりこみ要素を無視すれば十分面白いゲームだと思う。

2013年には続編もでるっていうし、そっちに期待しましょう(*´Д`*)







マックスアナーキー(PS3)
 個人評価:20点


2012年の キング オブ 期待はずれ その1


アクションゲームで、3Dで、最大16人対戦ができる!


今年のスルメゲーはコレで決まりだな(*´Д`*)

と、購入前までは思っていたんですけどね・・・・


体験版で連射コントローラーが猛威を振るっていたので不安がなかった訳ではない。

製品版ではしっかり連射対策してくれると信じていた。


そう・・・
信じていたんだ・・・




まさかの連射機対策放置

オンライン対戦が一瞬で過疎って終了のお知らせ(゜д゜)




ホントは0点にしたいくらいなんだけれども、

それでも20点をつけたのは、オフライン要素はそこそこ楽しめたからね。

キャラデザとかオッサン臭いキャラが多くてすごく良かった。

変な中華3姉妹はイラナイと思ったけど(´・ω・`)

もっとオッサンキャラを増やせっていう(´д`)



でも、もうプラチナゲーム開発のソフトは二度と信じないし買わないさ! ヽ(;´Д`)ノ









機動戦士ガンダムオンライン(PC) 個人評価:0点


あえて言おう!

運営がカスであると!



評価ゼロです、ZEROです、零点です。


2012年の キング オブ 期待はずれ その2


まさか今年、マックスアナーキーを超えるクソゲーに出会えるとは思わなかったぜ



これ以上は「もはや語るまい」というか・・・

4亀とかの読者レヴューに運営のサクラが沸いててマジで気持ち悪いというか
(※読者レヴューにサクラが沸くのはこのゲームに限った話ではないがw)

バンナム10万でも20万(月に課金可能な金額の上限)でも、
1年で最大240万でもお布施したい人はどうぞどうぞ(´_ゝ`)止めはしないよ









他、2012年に購入したのは

プロジェクトクロスゾーン(未クリア)
とびだせ どうぶつの森(未評価)
第二次スパロボOG(未開封www)

スパロボは積みゲーになりそうな予感




まー、2012年のゲームを振り返って感じた事は




海外のゲーム、マジでヤバい(良い意味で)


日本のメーカー、マジでヤバい(ダメな意味で)





日本のメーカーは、いわゆるソーシャルゲーの台頭で思考が停滞しちゃってるよね。

未プレイだけどカプンコのドラゴンズドグマくらいか、日本製で海外に対抗できそうなのは。



実際、自分が来年以降に期待しているゲームも

海外製のMMO型オンラインRPGのDRAGON'S PROPHETだったりする。

運営しだいでどうなるかわからないけれど、
ガンダムオンラインと同じ路線だけはヤメてほしいわー(;´Д`)イチバン良い運営を頼む


来年も洋ゲー無双になりそうな予感がプンプンするぜー!



ではでは、よいお年を(´・ω・`)ノシ



ノラリンゲームcomments(0)trackbacks(0)pookmark
スポンサーサイト
スポンサードリンク @-:-:-:pookmark









http://norarinblog.jugem.jp/trackback/211